* 第47回平和講座を開催
第47回平和講座を開催
 
 東京外国語大学大学院の伊勢崎賢治教授をお招きして、第47回平和講座を開催し、
「平和はつくれるか?」とのテーマで講演をしていただきました。
 
  開発協力NGOの責任者という立場と内戦後の武装解除の責任者という二つの立場で
働かれることになったシエラレオネの事例や虐殺を経験したルワンダPKOの元司令官との
対談などにふれながら、少年兵の恐ろしさ、普通の人が殺戮者に代わりうる恐ろしさを指摘
され、兵器や軍隊がなくても「平和」が保障されないという現実を語られました。
 
第47回平和講座を開催
 
 シエラレオネでは少年たちは誘拐され、麻薬なども使って洗脳されて殺人兵器へとつくり
変えられること、ルワンダではラジオなどのメディアを通じて「ツチ族殲滅が正義」であると
の宣伝工作がおこなわれたこと、そして、人を殺し、暴力をふるうことが「正義」であり、
また、ファッショナブル(かっこいい)ことであるという風潮がつくりあげらたことを通じ、
「人間は人間を核兵器以上の殺戮兵器に変えてしまうこともできる」ことを指摘。
人を殺すような正義に翻弄されるのではなく、あらゆる人間の生存、人権を差別なく守ろう
とする個人の確立と連帯が重要であることを述べられました。
 
 
 
JUGEMテーマ:大学生活
 
 
2009.12.23 Wednesday * 17:05 | トピックス | comments(2) | trackbacks(0)
Comment
先生。
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

ふらっとブログをみたらかなり更新されていて驚きました。
平和講座では、今回も伊勢崎先生が来られたようですね。
実は、同じ留学先で勉強している日本人の方が元海上自衛隊員でさまざまな話をするうちに、自分が平和学を学んでいることや、平和構築をしたいと言うことを思い出しました。また、現在セネガルの地方でJICAボランティアをされている創大の先輩とも話す機会があり「紛争解決」の分野で人材が足りない、ということを聞き、意欲がわきました。
ということで、帰国してからもさまざまお世話になると思いますが、何卒宜しくお願いします。
あれ?新年のあいさつっぽくなりましたね…。
とにかく、元気で生きてます。

先生もお元気で!
追伸
最近、ゴルゴ13にはまりました。
| Nobuaki TAKENAKA | 2010/01/10 10:25 PM |
コメントありがとう。投稿に気づくのが遅れてすいません。
この間、携帯電話で無事を確認した後なので、妙な感じですが。これからも元気にお過ごしください。
| 玉井 | 2010/02/05 4:06 PM |









Trackback URL
http://supri.jugem.jp/trackback/13
<< 第46回平和講座を開催 | main | 第48回平和講座を開催 >>