* 2009年度沖縄平和学研修を実施しました
 沖縄国際大学(米軍ヘリ墜落事故跡地)

沖縄国際大学(米軍ヘリ墜落事故跡地)

「沖縄国際大学」

 米軍ヘリ墜落現場はすっかり整備され、燃え残った木がモニュメントとなっている。
旧校舎の壁の一部が遺された。

沖縄国際大学(米軍ヘリ墜落事故跡地)

合同ゼミナール終了直後に、基地の島の現実を改めて見つめ直す。


 佐喜眞美術館

佐喜眞美術館

「佐喜眞美術館」

 丸木位里・俊の描いた「沖縄戦の図」のために建設された美術館
 大作に込められた戦争の非人間性の表象を学ぶ。

佐喜眞美術館

「普天間基地」に食い込むようにして建つ「佐喜眞美術館」
屋上から基地を見る。


 道の駅・かでな(嘉手納飛行場)

道の駅・かでな(嘉手納飛行場)

広大な「嘉手納基地」をのぞむ。この日は戦闘ヘリが訓練を行っていた。


PEACE CONCERT in OKINAWA(創価学会沖縄国際平和会館)

PEACE CONCERT in OKINAWA(創価学会沖縄国際平和会館)

那覇大空襲を体験した平良節子さんからの体験談をうかがう。
平良さんの反戦・平和への思いを学ぶ。

PEACE CONCERT in OKINAWA(創価学会沖縄国際平和会館)

MERRYさんの「てぃんさんぐぬはな」などの演奏を通して、音楽が人と人を結び、
平和の礎となるとの思いが伝わる。

PEACE CONCERT in OKINAWA(創価学会沖縄国際平和会館)

MERRYさん、高良とくと さん、安田辰也 さんのセッション。
プロの演奏を堪能する。

PEACE CONCERT in OKINAWA(創価学会沖縄国際平和会館)

素晴らしいアーティストたちによる「平和の文化」を体験。





 追伸

 8月4日に発生した台風8号が先島諸島に接近。
帰京予定の8月6日、那覇発の飛行機がほぼ全面欠航となり、研修生は
那覇延泊を余儀なくされた。
到着当初、沖縄でも珍しいぐらいの日差しで、きれいな海を堪能した
今回の研修メンバーだが、最後に台風で足止めされることになり、
ある意味で沖縄のフルコースを味わったことになる。
幾重にも思い出の重なる研修となった。

台風8号をやり過ごし、無事帰京したサバイバーたち。

台風8号をやり過ごし、無事帰京したサバイバーたち。



前半に戻る



JUGEMテーマ:大学生活

2009.08.18 Tuesday * 18:27 | トピックス | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://supri.jugem.jp/trackback/2
<< 2009年度沖縄平和学研修を実施しました | main | 台湾・国立東華大学でアジア太平洋平和研究学会を開催 >>