* 第43回平和講座開催
ケヴィン・クレメンツ教授、
サーラ・ワイダー教授(コルゲート大学)来学
第43回平和講座開催
 
 11月20日(金)、第43回平和講座で講演を行うため、ケヴィン・クレメンツ
教授(オタゴ大学)が、サーラ・ワイダー教授(コルゲート大学)とともに来学
されました。
両教授の久しぶりの再訪を本学の山本学長、田代理事長が歓迎、懇談しました。
 
第43回平和講座開催
 
 平和講座では、「危機の時代における慈悲の境界の拡大」と題して
クレメンツ教授が講演。「利他の心」「他者との苦しみの共有」という他者
と結びあう心が人間の本来の徳性であり、現代世界が抱える難問を乗り越え
ていくには、この人間の本質である慈悲の精神を呼び覚ましていくことが
重要であると訴えられ、「利他」「慈悲」を自覚した人々が対話によって
その精神を拡大することが可能であると述べられました。
 
第43回平和講座開催
 
講演後、「利他の精神」の発露のためにどう行動すべきかなど、活発な質疑
応答が行われました。
 
第43回平和講座開催
 
講演終了後、ワイダー教授の希望もあり、女子短期大学も訪問され、
石井短大学長と懇談し、短大生と交流の一時を持たれました。
  
  
  
  
  
  
JUGEMテーマ:大学生

2009.12.01 Tuesday * 17:40 | トピックス | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://supri.jugem.jp/trackback/7
<< 今日から創大祭です! | main | 国際会議「危機の時代の対話の力」を開催 >>