* 国際会議「危機の時代の対話の力」を開催
国際会議「危機の時代の対話の力」を開催

 11月22日・23日の両日に渡り、戸田記念国際平和研究所が主催する国際会議「危機の時
代における対話の力」を創価大学で開催しました。
  
 22日から始まった会議は、午前中が公開講演会で、冒頭、高村副学長補から創立者の長文
のメッセージが紹介され、続いて、寺西副学長補より「創立者の人間外交」と題して、
1970年代の訪ソ・訪中・訪米という事実に即して、池田先生の平和行動の意義が報告されました。
 
国際会議「危機の時代の対話の力」を開催
 
 そして、ワイダー教授が基調講演を行い、「人類は苦悩する人々の言葉を鋭敏に聞き取る
『新しい耳』を持つべきである。そして、いかなる差別も分け隔てもない『対話の力』を養う
べきである。いずこにあっても、青年と対話し、その未来を信じ、無限の期待を寄せる、
池田会長のように」と語られました。
 
国際会議「危機の時代の対話の力」を開催
 
 その後、非公開の分科会が行われ、以下の報告をめぐって討論が重ねられました。
明年には本会議の成果が出版(英文)される予定になっています。
 
 
 
 
JUGEMテーマ:大学生活

2009.12.01 Tuesday * 19:18 | トピックス | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://supri.jugem.jp/trackback/8
<< 第43回平和講座開催
ケヴィン・クレメンツ教授、
サーラ・ワイダー教授(コルゲート大学)来学
| main | 第44回平和講座を開催 >>